バストアップ サロン

大きいバストになる!!女性ホルモンとバストの大きさの関係とは!?

大きなバストの人って、とっても女性らしく感じますよね。大きなバストに憧れて、あれこれ努力している人も多くいるかと思います。あれこれ努力をする前に、まずは根本的な事を見直してみましょう。それは女性ホルモンです。目には見えないので、女性ホルモンを見直せと言われても困るかもしれませんが、バストアップと女性ホルモンは大きく関係しています。

そもそも、バストが大きくなる、つまり成長するには、バストに肉を付けて上げなければいけませんよね。お腹に肉を付けるのは簡単なのに、バストに肉を付けるのは難しいものです。太っている男性って、バストにも肉がついていてからかわれたりしていますが、超肥満な男性であっても、巨乳というほどまで大きいものではありません。これは単なる脂肪なだけであって、バストの基盤がないからなのです。

女性であっても、太っている女性の方がグラマーな事が多いです。細くてバストは大きいのが理想ではありますが、グラビアアイドルにもぽっちゃりしている人は多いですよね。つまり、太っている方が大きくなりやすいんです。ですが、男性の場合と同じで、太っているだけのバストは基盤がちゃんとできていません。その証拠に痩せる時はバストから痩せていきます。

バストの基盤とは乳腺です。乳腺が成長しなければ、バストはバストの脂肪として大きくなりません。基盤である乳腺をしっかり成長させる事ができれば、痩せた時にもバストだけが痩せるというのを防ぐ事ができます。バストアップに乳腺は必要不可欠なのです。この乳腺を成長させるのに大切なのが女性ホルモンです。

女性は男性にない子宮があったり、生理があったり、妊娠・出産したりとありますが、この全てに女性ホルモンが関係しています。もちろん、女性にしかない大きなバストも女性ホルモンです。女性ホルモンが全く分泌されなくなってしまったら、バストアップだけでなく、生理が来なくなってしまったり、妊娠できない体になってしまう可能性もある、女性にとって本当に大切なホルモンです。

とはいえ、最初にも言ったように、目には見えません。自分の女性ホルモン値が正常かどうかを知るには、まず、毎月の生理が定期的に来ているかです。ほんの少しのストレスなどでもズレてしまう生理ですが、生理周期というものがあり、だいたい同じ周期で生理が来ないといけません。生理すら来ない場合、ホルモン異常の可能性もあります。無理なダイエットをした人や、急激に痩せてしまっている人は、ホルモン異常で生理が止まる事も多いですので、注意しましょう。産婦人科などでホルモン値の検査をする事が可能ですので、検査してみても良いでしょう。

女性ホルモンをよりよく分泌させるには、食べる事が大切です。大豆には女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれていますので、たくさん食べた方がよいでしょう。他にも乳製品や鶏肉なども効果的です。病院でホルモン剤を投与などもできますが、女性ホルモンは太りやすいですし、お金もかかってしまうので、食生活で頑張りましょう!!

まずは生理周期を正しくなるように改善して、女性ホルモンの分泌を促す食生活をして、より女性ホルモンを増やしてから、あれこれ努力をする事で、さらなるバストアップへの効果の期待が膨らみます。逆に女性ホルモンが少ない時に何をしても効果が少なくなってしまうので、注意しましょう。

大きなバストを守る為!!寝る時にはナイトブラを活用しよう!

自然に大きく育ったバストであっても、努力して大きくしたバストであっても、大きいバストなら何でも良い!!ってわけにもいきません。大きければ大きいで悩みが出てきます。それは形です。大きくて形の良いバストを持ってこそ、女性の希望が叶うのです。

私事ですが、小さい頃、よく銭湯に行っていました。きっと、若い頃は巨乳だったんだろうな・・・。そんな、おばあちゃんのバストは、お腹に到達するほどに垂れ下がっていたのです。まぁ、おばあちゃんだからという事もありますが、ちょっと悲しい光景だったのを覚えています。「大きけりゃいいってもんでもないのね。」と子供ながらに思ったのです。

大きなバストほど、重みがあって下に行こうとしてしまいます。つまり、バストが大きい人ほど、垂れ下がってしまうのです。おばあちゃんのようにお腹まで伸びきるほどの垂れ方は、若いうちは大丈夫だとは思いますが、分からないですよね。重いから仕方がないのかと思えば、そうゆう事でもないようです。超巨乳の人でも、全く垂れていない人はたくさんいます。という事は、どんなに大きなバストでも垂れることなく形良くキープする事が可能なはずです。

そこでおススメなのがナイトブラです。お昼、お出かけ時にブラジャーをするのは当たり前ですが、寝るときはしない方が良いという話もあります。ブラジャーのサイズって難しいですよね。普通に衣料品店などに売られているブラジャーはアンダーとトップからカップ数を考えて作られているのですが、この市販のサイズが自分にピッタリかと言われれば、ピッタリでない人の方が多いかと思います。

サイズの合っていないブラジャーを付け続けると、窮屈に締め付けられてしまった状態が続いたり、ちゃんとカップに収める事ができなかったりで良くありません。寝るときまで締め付け続けているのは良くないですし、カップがズレたりして違和感があったりしてしまいます。しかし、寝る時にブラジャーをつけていないというのも、体には良いのですが、バストの形が崩れてしまう原因になってしまいます。

そこでナイトブラの登場です。ナイトブラはどちらかと言えばスポーツブラのようなタイプなものが多く、締め付けがないのが特徴です。締め付けられていないので、ブラジャーを付けていない時と同じように血行も良くなります。それでいて、バストをしっかり支えてくれます。寝ているとバストが横流れになってしまいがちですが、その点をサポートしてくれます。ブラジャーを付けて寝るのは良くないですが、ナイトブラを付けて寝るのは良いのです。

バストのお肉って、形状記憶のような感じなんだそうですよ。場所を覚えているんです。寝ている時に横流れになってしまった脂肪たちは、「私は背中のお肉なんだぁ。」と勘違いして背中に行ってしまうのです。ですが、ナイトブラをして締め付ける事なく、バストに滞在させる事で勘違いを防ぐ事ができ、バストに居続ける事ができるのです。

ナイトブラだけでは完璧なバストは作れません。垂れないバストを作るには大胸筋を鍛えて、バストを支えれるようにしなければいけません。大胸筋を鍛えつつ、ナイトブラでバストを守って、上向きの綺麗な形のバストをキープしましょう!!綺麗なバストは、服の上からでも綺麗なんですよ♪

バストアップに持っていたいアイテム、持ってはいけないアイテム

バストアップをするには手ぶらというわけにはいきません。ゼロ円で何も手にせずにバストアップを成功させるのは至難の技です。という事でバストアップを目指している人にとって、持っておきたいアイテムと、持ってはいけないアイテムを考えてみたいと思いまうす。参考程度に!!

持っておきたいアイテム!

まずはブラジャーです。バストアップに成功するとすれば、どんどんバストのサイズが変わってくるでしょう。その都度、ピッタリサイズのブラに買い直しましょう。せっかく成長しているバストを小さいブラのまま締め付けるのはダメですし、余裕のある大き目も形を崩してしまう原因になります。もったいないかもしれませんが、買い換えるようにしましょう。寝るときにはナイトブラに付け替えるようにしましょう。

次にクリームやジェルなどのバストコスメです。バストのマッサージは直接乳腺を刺激する事ができるので、毎日行いましょう。この時に、必ずクリームやジェルなどの滑りがよくなるものを利用しましょう。バスト用のでなくても大丈夫ですが、バスト用には専用らしくバストに良い成分が含まれていますので購入する事をお勧めします。

次にサプリメントです。膨大な広告だらけのサプリメントは避けておいた方が良いですが、成分をよくチェックして、バストアップに良さそうな成分の詰まっているサプリメントを用意しましょう。サプリメントだけでは効果は期待できませんが、補助はしてもらえます。別にバストアップにこだわらなくてもOK。例えば、バストアップにはタンパク質を取ればよいとよく言われています。その為にタンパク質にばかり気を使いすぎてしまうので、野菜などを補えるサプリメントなんてのも良いかと思います。

持ってはいけないアイテム!

まずはアルコール。バストアップを本気で考えているならば、家の中にはアルコールを置かないようにしましょう。たまにのお付き合い程度で我慢しましょう。アルコールは肝機能を妨げてしまいます。女性ホルモンも肝機能をおとなしくしてしまうので、ここにアルコールが入ると肝臓のお仕事ができなくなってしまいます。

次にタバコ。タバコは百害あって一利なしと言われているだけあって、良い事はないそうです。バストアップに関しても、邪魔なだけの存在のようです。禁煙は厳しいかもしれませんが、できるだけ吸わないように。できれば思い切って禁煙してしまっても良いでしょう。

次にサプリメント系です。持っておきたいアイテムにもサプリメントがありましたが、持ってはいけないアイテムのサプリメントは膨大広告系です。例えば「体重がどんどん減る!なのにバストはどんどん大きく!」的なもの。体重が減ってバストが大きくなるなんて夢のような話がサプリメントなんかで叶えられるわけがないと思いましょう。「絶対」や「必ず」や「100%」という言葉を利用しているものはやめましょう。サプリに100%はないです。

ここではほんの1部しか紹介できませんでしたが、上記の3つずつは必ず的なものです。他にもいろいろアイテムがあります。試しているバストアップに合わせてアイテムを選びましょう。中にはお金が掛かってしまうものもあるかもしれませんが、逆に言えばタダではバストアップはできません。食生活だけでもお金かかりますものね・・・。だからこそ、持ってはいけないアイテムなんかに無駄金は使わないように!!口コミチェックも忘れずにしましょう。

試してみる!?整体するだけで整体前より大きいバスト!?

整体を行うだけでバストが大きくなるって噂があるんです。そもそも整体とは、骨格や関節のズレを直したり、矯正したりするもの。知らず知らずにズレてしまった骨などの位置を本来あるべき場所に戻してあげる事で、痛みがなくなったり、細くなったり、小顔になったり・・・。なんだか、小さくなるイメージはあるのですが、大きくなるイメージなんてないですよね?でも、実際にバストアップ整体はあるんです!!

バストそのものには骨はないので、どう整体するの?と私は思っていたのですが、どうやら胸の周りの骨を動かすようです。確かに胸の周りには骨がたくさんありますね。私は脇下の骨を寄せる事でバストを寄せるような効果になるのかな?と思っていたのですが、全く逆でした。なんと、胸の骨を広げる事でバストアップするんだそうです。実際に試したわけでも、写真を見たわけでもないので、私のイメージだけですが、バストも広がってしまうから、なんだかペッタンコになりそうな感じがするんですが、劇的に大きくなる人も多いだとか。

また、猫背など、姿勢が悪いのを続けていると、骨は少しずつ歪んでいきます。背中の骨を矯正してあげる事で、猫背などの姿勢の悪さを改善する事ができ、これだけでもバストが大きくなったように見える事が多いんです。確かに、前かがみになっている時と、姿勢を正した時のバストの印象は変わりますよね。整体の場合、実際にバストの大きさは変わっていないのかもしれません。周りの骨を直す事で、バストのお肉が本来ある場所に動き、大きくなったような感じになるのでしょう。

しかし、整体の術によっては、本当にバストを大きくするのも可能なようです。全ての整体師さんが行っているわけではないようですが、背中や脇、お腹のお肉をバストに移動させることができる手を持つ整体師もいるようなのです。上記のような骨を動かす整体にプラスすれば、かなり効果が期待できます!!

元々、全く骨が歪んでいない人や、痩せ気味で脂肪が少なすぎる人などには、それほど大きな効果はないかもしれませんが、整体は歪みを直してくれるとても嬉しい術です。マッサージとは少し違いますが、メスや薬を使うなどのリスクもありません。多少の痛みはあるかもしれませんが、なんといっても、効果がある場合はすぐに実感できるでしょう。その日のうちに効果が表れるんですから。

もし、豊胸手術も視野に入れて考えているのならば、その前に1度整体を試してみてはどうでしょうか?さすがにAカップからHカップなんて大効果を期待しているならば意味がないかもしれませんが、少しでも大きくしたい程度ならば有効な方法だと思います。地道に続ける方法も良いですが、まずは整体で歪みを直してみるのもいいですね。歪みが治れば血行も更に良くなりますし、更にバストアップが期待できますよ。

バストを大きくしたいなら、朝食は毎日キッチリ食べよう!!

みなさん、朝食は食べていますか?夜行性になってしまっていませんか?夜更かしをしてしまう事で朝は起きる事ができなくなっていませんか?朝って、どうしてあんなに眠くなるんでしょう・・・。お仕事や学校、お出かけのギリギリまで寝ていたいですよね。しかし、起きる時間が大きくなってしまうと朝食を食べる時間がありません。実は朝食はバストを大きくするには食べていた方がいいんです!!

バストを大きくするには、女性ホルモンを分泌して乳腺を成長させなければいけません。ですが、女性ホルモンはとてもデリケートでちょっとした不規則も見逃しません。人間の体というのは、朝起きて夜寝る、1日3食食べるというのが基本のサイクルになっています。女性ホルモンを1番良く分泌するには、この基本を守らなければいけないのです。もちろん、不規則な生活をしていても正常な人は多くいますが、非常になる確率は上がってしまいます。

バストに栄養を与える為にも必ず食べるようにしましょう。朝ごはんはパン派とご飯派に分かれると思いますが、どちらかといえばご飯の方が良いようです。食べないよりはパンを食べる方が良いので、そこまでこだわらなくても良いかもしれませんが、できるだけご飯を食べれるようにしましょう。

また、バストアップをする為に女性ホルモンを分泌させたいわけですが、女性ホルモンをより分泌させるにはタンパク質を多く取った方が良いです。なので、朝食では卵はピッタリですね。デザートにヨーグルトも良いでしょう。パンの時はチーズをのせてトーストしても良いでしょう。どうしても朝は食欲がない時は、ゆで卵だけでも、ヨーグルトだけでも口に入れるようにしましょう。

朝食はバストアップだけに良いわけではありません。目覚めのきっかけにもなります。脳が目覚める為にも朝食は必要なようです。朝食を食べている人と、食べていない人では、その日の行動力や記憶力などにも変化が出るようです。やる気の違いもあるようですし、食べていた方が絶対的に良いのです。

また、バストアップと同時に行いたいダイエット。バストが大きくなっても、お腹もタプタプでは意味がないですよね。バストは脂肪の集まりなので、バストアップを試していると、どうしても太ってしまう事もあります。しかし、ダイエットはバストアップの大敵でもあり、難しいですよね。だからこそ、できるだけ太らないように朝食を抜いてしまう事もあるかと思いますが、朝食を抜くのはダイエットに対しても逆効果になります。

朝食を毎日しっかり食べて、その分たくさん動いて、大きいバストも、きゅっと締まったウエストもどちらも手にいれましょう。朝食を食べなければ、リバウンドしやすい痩せ方になってしまって、最終的には逆に太ってしまった上に、女性ホルモンの分泌が悪くてバストも変わらないなんて事になるかもしれません。朝食はいろんな意味で大切なものなのです。

バストにもコスメ!?綺麗に大きくする為にコスメを使おう!!

女性にとってコスメは必需品でしょう。外出する時は必ず化粧をしなければ出れない人も意外に多いらしいですね。私はお化粧すら面倒タイプなので、ほとんどスッピンで過ごしてしまっているのですが、最近の化粧品は素晴らしいようですね。お化粧をしない方が肌への負担が少なくて良いと言われていたのが嘘のように、コスメ時代に美肌要素が入っていて、お化粧をした方が良いなんて言われる時代になってきています。UVカットなんて当たり前ですしね。確かに、お化粧をした方が良い気がしてきます。

さて、日々のお化粧を完璧にしている方も、私のようにスッピン派の人も、バストを大きくさせたいならばバスト用のコスメを準備しましょう。お化粧をしなくてコスメなんて少ししか持っていないなんて人も、バストを大きくしたいならば思い切って購入しちゃいましょう!!もしかしたら、お顔よりもバストの方がコスメは重要かもしれません。

バストのコスメと言っても、バストに色を付けるわけではありません。バストにお化粧して変身させれるならば楽ですが、そうもいきませんよね。バストのコスメはバストを大きくするための補助に使うものです。クリームやジェルが多いでしょうか。バストアップマッサージをする時に利用します。

バストを大きくする方法にもいろいろありますが、バストアップマッサージはどの方法でバストアップを試みている人も同時に行って欲しい方法です。というのも、バストが大きいグラビアアイドルさんなどは、毎日、バストアップマッサージをしているんだそうです。バストのプロが毎日している事をして損はありません!

バストアップマッサージをする効果は、乳腺を直接刺激してあげる事で女性ホルモンを分泌しやすくなる事です。乳腺は普段刺激されにくいですし、マッサージで効率よく刺激する事ができるんです。女性ホルモンの分泌がバストアップには欠かせませんので、毎日マッサージをしましょう。また、マッサージを続ける事でハリのあるバストをキープする事も可能になります。

マッサージと言っても、単に揉みくちゃにしてしまっては意味がありません。やり方を間違えると大きくするどころか、逆にバストを痩せさせてしまう可能性も出てきます。優しくマッサージするのが基本です。優しくマッサージするには滑りを良くしてあげなければいけません。そこで登場するのがバストのコスメです。

クリームやジェルを付ける事で滑りよく優しくマッサージする事が可能になります。また、バスト専用のクリームやジェルにはバストに嬉しい要素も詰まっています。バストを大きくする要素に関しては明確な効果は期待できにくい部分もありますが、バストにハリを与えたり、肌触りを良くしたりする成分は嬉しいものです。

無くても良いとケチってしまう人もいるかもしれませんが、バストアップマッサージの場合、絶対にあった方が良いです。バストを大きくする為、さらに綺麗にする為です。思い切って購入しちゃいましょう。バストアップマッサージはお風呂上りにするのがおススメです。お風呂の中は血行が良くなり過ぎて痩せてしまう可能性もありますしね。洗い流さないタイプがおススメです。香りも選んでリラックスしながらマッサージしましょう。「大きくな~れ。」なんて言いながらのマッサージも効果があるようですよ。

「バストが大きくなります!!」のサプリメント。信用して大丈夫?

サプリメントは様々な会社が提供していて、数えきれない程の数があります。効果も様々。不足しがちな栄養素を補うものから、お医者様に相談した方が良いのでは?というようなものまであります。お値段もピンキリ。1か月何千円するものもあれば、続けやすいように1か月千円以内のもの、100円均一にまで売っているんです。

高ければ良いというわけでもなく、安ければダメというものでもないようです。私は100円ショップでバイトをした事があるのですが、100円サプリを在庫あるだけ買い占めるお客様、結構いらっしゃいました。飲まないとダメなんだそうで、そのお客様は「効果あるの!!」とおっしゃってました。逆に「やっぱり100円だね~」と言う方も。同じサプリメントでもいろいろな意見がありました。薬局でバイトした時は高いサプリでしたが、こちらも同じような感じでいろいろな意見をもらいました。

というのも、所詮、サプリメントなんです。薬ではないので、必ずしも効果がある方が変なんです。薬であっても、市販のものなら尚更、自分にあった薬を見つけるとそれだけを買いませんか?効き目のある薬ですら効果に不満を持つこともあるんですから、副作用も少ない、栄養素の集まりなだけのサプリメントが効果を抜群に出すなんて難しい事なんです。体に優しい、良い成分だけでできているんですから。

特にダイエットやバストアップのサプリメントは無いに等しいくらいの効果です。広告では膨大に効果大のように書かれている事が多いですが、実際に利用した人の口コミが絶大だった事は少ないですよね。また、口コミにはサクラもいるという噂もあります。あまりにも絶賛している口コミは信用しない方が良いかもしれません。厳しい言い方をすれば、サプリメントを飲むだけで痩せたり、バストアップできたりなんて、そんな簡単な話はありません。

でも、サプリを飲むなという事ではないんです。人間って不思議な生き物です。「効果がある!!」と信じれば効果がある時があるんです。お年寄りに多いんですが、薬を飲めば安心するんですってね。飲まなくても大丈夫なはずなのに、飲まないと不安なのだそうです。気持ちの薬って感じですね。なので、効果がないものや、少ないものを飲む事で、やる気が出たり、自信が出たりするようなのです。

また、バストアップのサプリメントを買う時に、含まれている成分をチェックしましょう。例えばイソフラボンなどタンパク質を含むものはバストアップを手伝ってくれる効果があります。大きくするだけでなく、綺麗なバストにする為にもコラーゲンやヒアルロン酸なども含まれていると嬉しいですね。会社ごとに様々です。

最近、ニュースでも多いですが、中国産を国産と記載するのはダメですよね。このように実際に含んでもいないものを入れていると記載するのも問題になります。なので、含まれている成分については信用しても良いと思います。広告欄には各会社が自慢したい成分を大きく取り上げて説明しているでしょう。魅力的で続けやすい値段のものを選べば良いでしょう。膨大すぎる、ただ「大きくなります!」だけのサプリはやめましょうね。

サプリメントを支えにして、マッサージや足りない栄養素の補給などをして、効率よくバストアップをしていく事をお勧めします。バストアップを助ける成分の含まれるサプリメントを上手に選ぶことができれば、近道になるかもしれません。でも、サプリメントだけでバストアップは不可能に近いので注意しましょう。

美容に効果ありで有名なコラーゲンでバストアップはできる!?

バストアップの方法はいろいろありますが、絶対に効果があるかどうかは不明なものも多いですよね。もちろん個人差も大きくでるものですので、豊胸手術でもない限り、効果の有無は悩みどころです。コラーゲンでバストアップというのも効果に賛否両論あるようですが、実際にコラーゲンは効果はどうなのでしょうか?

コラーゲンと聞くと、どうしても美容の事を思い出すかと思います。ツヤツヤの若々しいお肌になるなど、コラーゲンを食べたり、コラーゲンの入っている化粧品が売れたり、一時はコラーゲンブームと言っても過言でもないほどにコラーゲンという言葉を聞いたものです。実際にコラーゲンは美容と言って良いのかは分かりませんが、コラーゲン鍋などを食べた日の次の日のお化粧のノリは良いような気がします。きっと、効果があるのでしょう。

では、バストにはどうなのでしょうか?例えば、化粧水を肌に付けるように、コラーゲンをバストに塗ってみれば・・・。確かに、コラーゲンの力で肌触りの良いバストになるかもしれません。しかし、これは表面上だけなんです。コラーゲンの力でバストを綺麗に(大きく)するには、コラーゲンがバストに入っていかなければいけません。しかし、コラーゲンの分子の大きさは肌を作る細胞の分子よりも大きく、浸透する事は不可能なのです。なので、肌で止まってしまい、バストには入りません。でも、肌は綺麗になるでしょう。

食べる場合も同じです。結局はお肌には効果がある事もあるものの、体内に残るコラーゲンは吸収されてしまって、バストの為にコラーゲンが残る事は少ないのです。なので、コラーゲンを食べたり、飲んだり、塗ったりしたとしても、大きくなる事は期待できないかもしれません。でも、ハリのある綺麗なバストなら期待できるかもしれません。

ならば、バストアップをするにはコラーゲンを試すのは時間の無駄なのでは?と思うかもしれませんが、必ずしも無駄というわけではありません。そもそも、人間の体は20%がタンパク質でできています。そのタンパク質の3分の1がコラーゲンなのだそうです。このコラーゲンが不足してしまうと、タルミやシワの原因になってしまいます。もちろんバストもシワシワになってタルんでしまう事もあるでしょう。

また、タンパク質はバストを作るにはとても大切な栄養素です。タンパク質を取って女性ホルモンを多く分泌する事で、バストは大きく成長します。つまり、バストはタンパク質でできていると言っても良いのです。そのタンパク質の1つがコラーゲンなのですから、コラーゲンを取る事が無駄とは言い切れないのです。

コラーゲンは女性にとって、取り入れて損をするものではありません。直接、バストアップに必ずしも効果を出すとは言い切れませんが、少なくともバストアップをするお助けはしてくれるでしょう。大きいバストを手にいれても、コラーゲンが不足してタルんだシワシワのバストでは意味がありませんしね。

コラーゲンだけではバストアップするには不安ですので、コラーゲンにプラスして大豆や鶏肉などの他のタンパク質も取るようにしたり、バストアップのマッサージをしたり、いろいろしてみましょう。美容も一緒にGETできて一石二鳥ですよ♪

ハーブティーでホッコリ温か♪バストアップにも効果的!?

みなさん、ハーブは取り入れていますか?料理に使っても、飲料に使っても、良い香りを漂わせてくれるハーブ。とってもオシャレなイメージもありますよね。いろいろ種類がありすぎますし、組み合わせも難しそうですし、なかなか手が付けれないという人も多いでしょう。でも、ハーブティーなら簡単です。ぜひ、試してみましょう。

ハーブって凄いらしいです。美容にもいいし、女性にはピッタリなんですね。そして、なんと、バストアップにも効果が期待できるハーブもたくさんあるとか。バストアップに直接効果のあるハーブを選べば最高ですが、バストアップに効果を期待できないハーブであっても、バストアップを助ける効果は期待できるんですよ!凄いですよね。

バストアップをするには、女性ホルモンの分泌を高めて、働かさなければいけません。たくさん働いてもらって、乳腺を成長させてこそバストは大きくなります。なので、バストアップをするには女性ホルモンを分泌しなければいけません。女性ホルモンはほんの少しのストレスや体調不良にも左右されてしまう弱いものです。

そこでハーブティー。とくにホットで飲む事をお勧めします。もちろん、アイスでも良いのですが、体を温めるというのも女性にとっては大切な事です。冬はもちろん、夏でもエアコンで冷える生活を送る事も多いでしょうから、アツアツでなくてもいいので、温めのハーブティーを飲みましょう。ハーブティーにはリラックス効果がありますので、ストレスを和らげる効果があります。

また、ハーブティーはカフェインが含まれていません。あまりバストアップ時には気にしていない人も多いようなのですが、カフェインはバストアップ効果を低くする可能性があります。なので、バストアップをしている時はアルコールはもちろん、コーヒー・紅茶・お茶にも気をつけなければいけません。バストアップサプリメントなどを飲んでいる人は特に、カフェインは取らないようにしておいた方が良いです。ハーブティーなら心配ありません。

お勧めのハーブは“レッドクローバー”です。このハーブはバストアップ飲料などにも含まれている事が多いハーブです。なんと、このハーブにはイソフラボンが含まれているのです。イソフラボンって女性なら良く聞くかと思います。大豆に含まれている、女性ホルモンの分泌に大きく期待できる成分です。もちろん、豆乳を飲めば良いですが、豆乳が苦手な人も多いでしょうし、毎日となると飽きてしまいますよね。他にも女性ホルモンに良いハーブはたくさんありますので、いろいろ試してみてください。

ハーブティーは香りを楽しむ飲み物ですので、そのまま飲むのが1番ですが、ハーブによっては癖があるものもあるので、お茶だと割り切れない場合ははちみつなどを足しても良いでしょう。毎日の一息タイムの飲み物をハーブティーに変えて、ホッコリ温まって、ストレスを和らげ、女性ホルモンをたくさん分泌させて、理想のバストを目指しましょう!!

安心できる!?東洋医学でバストをカップもUP!!

東洋医学ってよく耳にしますが、あまりピンっとくるものがない人も多いかと思います。なんとなくですが、日本のものではないような・・・。多くの人が東洋医学と聞くと“漢方”を想像するようで、漢方と言えば中国などを想像するようです。確かに東洋医学は中国発祥の医学であり、それが日本にも伝わってきたものだそうです。

私たちが普段、病院などに行って治療を行ってもらっているのは西洋医学です。西洋医学は薬などでの治療だけでなく、外科的手術を行うこともあります。東洋医学は手術をする事はありません。漢方やツボの刺激などを行います。大袈裟な言い方をすれば、本来治らないであろう病気や怪我を手術などによって強制的に治してしまうのが西洋医学、緩和しそうな方法を試すだけの自然治癒が東洋医学です。

つまり、東洋医学は必ず病気が治るという根拠はありません。効果がある可能性があるというものです。例えば、頭痛に悩んでいる人に、頭痛に良いと言われる漢方を飲ませたり、ツボを刺激したり。それで頭痛が治った人もいますが、治らなかった人もいます。ですが、漢方は副作用も少なく(ほぼなく)、ツボの刺激も身体に悪い影響はないものです。麻酔のリスクや副作用などない分、安全な治療法とも言えます。西洋医学も100%の保証はないですしね。

バストアップに関しても、東洋医学がいろいろ発表しているようです。バストアップに効果のあるツボなどです。実際にこの東洋医学のツボ治療によって、2カップもバストがUPした例もあるようです。もちろん、東洋医学専門家の人や、自分で単にツボを押しただけなので、何も副作用はありませんし、危険な事はありません。

また、東洋医学はどちらかと言えば治療ではなく、緩和や予防になります。全身の状態を見て、何がダメなのかを総合的に判断します。例えばバストアップには女性ホルモンが必要になりますが、女性ホルモンの分泌が悪いという場合、どうして女性ホルモンの分泌が悪いのかを探します。女性ホルモンを分泌させる治療をするのではなく、女性ホルモンが分泌しやすい体に変えるのが目的です。

西洋医学の場合だと、ホルモン剤を投与するなどして、強制的に女性ホルモンを分泌させる方法をとることもありますが、東洋医学の場合だと漢方などを用いて改善していくことになります。冷え性を改善する為に体を温める漢方や、血行を良くする漢方など。冷え性を改善して、血行を良くする事で女性ホルモンの働きを復活させる可能性もあります。漢方だけでなく、先ほども書きましたツボもですし、生薬・鍼灸なども東洋医学の治療法です。

豊胸手術などに手を出す前に、まずは東洋医学のような自然の力に任せた治療を行ってみるもの良いかもしれません。ツボくらいならば病院などに行かなくても自分で調べて刺激する事も可能ですし、漢方も1人1人に合わせて作ってもらうと結構お高くなりますが、冷え性や月経不良などを改善する為に元々できているものであれば安価に手に入るものが多いです。

一般的な私たちが普段行く病院でも、漢方での治療の相談をしてくれる医師は多くいます。女性ホルモン関係であれば、産婦人科に相談してみても良いでしょう。私が通っていた産婦人科でも漢方を進めてくれた事がありましたよ。ただ、強制治療ではないので、100%の効果ではありません。個人差が大きく出る方法です。

1 2 3 4 >